オンラインマニュアル

メールソフト・WEBメール設定

【初期設定】Mail 3(Mac OS X)

お客様のご加入時にお渡ししております、【登録完了のお知らせ(別紙)】をご準備ください。
【登録完了のお知らせ(別紙)】を紛失したお客様は、「基本メールアドレス 登録書再発行受付」より再発行の手続きを行ってください。

電子メールアカウントの新規作成

【1】Dockから「Mail」を起動します。Dockに「Mail」が無い場合はアプリケーションフォルダから起動します。

参考画像

【2】初回起動時には、「ようこそMail へ」の画面が表示されます。以下のように設定を行い、「続ける」をクリックしてください。
既に設定されている場合は、「ようこそMail へ」画面は表示されません。電子メールアカウントの設定確認から設定の確認を行ってください。

参考画像

氏名 名前をローマ字で入力します。
メールアドレス 【登録完了のお知らせ(別紙)】のメールアドレス
別名メールアドレスまたはえらべ~るアドレスを取得している場合は、別名メールアドレスまたはえらべ~るアドレスを入力します。
パスワード 【登録完了のお知らせ(別紙)】の「メールパスワード」

赤字の部分はお客様によって設定内容が異なるところです。設定の際には必ず【登録完了のお知らせ(別紙)】をご参照ください。

【3】「受信用メールサーバ」画面が開きます。以下のように設定し、「続ける」をクリックします。

参考画像

アカウントの種類 POP
説明 任意で入力します。例ではメールアドレスを入力しています。
受信メールサーバ 【登録完了のお知らせ(別紙)】の「POP3サーバ」
ユーザ名 【登録完了のお知らせ(別紙)】の「メールアカウント」
※別名をご利用の場合も【登録完了のお知らせ(別紙)】の「メールアカウント」を入力してください。
パスワード 【登録完了のお知らせ(別紙)】の「メールパスワード」

赤字の部分はお客様によって設定内容が異なるところです。設定の際には必ず【登録完了のお知らせ(別紙)】をご参照ください。

「続ける」をクリックすると、入力された設定が正しいかどうかを確認するために、自動的にインターネット接続を行います。
このとき、「サーバが応答しません」と表示される場合は、入力されたサーバ名が間違っているか、インターネットへの接続自体ができない可能性があります。
POP3サーバの設定を修正してください。

【4】「受信メールのセキュリティ」画面が表示されます。何もチェックしない状態で「続ける」をクリックします。

参考画像

■SSL(SecureSocketsLayer)を使用:チェックを入れない

【5】「送信用メールサーバ」画面が開きます。以下のように設定し、「続ける」をクリックします。

参考画像

説明 任意で入力します。例ではメールアドレスを設定しています。
送信用メールサーバ 【登録完了のお知らせ(別紙)】の「SMTPサーバ」
このサーバのみを使用 他のメールアドレスを使用しない場合、チェックを入れる。

赤字の部分はお客様によって設定内容が異なるところです。設定の際には必ず【登録完了のお知らせ(別紙)】をご参照ください。
※外部回線から接続する場合は、サブミッションポート(587)で送信します。設定方法は、電子メールアカウントの設定確認でご案内しています。

「続ける」をクリックすると、入力された設定が正しいかどうかを確認するために、自動的にインターネット接続を行います。
このとき、「サーバが応答しません」と表示される場合は、入力されたサーバ名が間違っているか、インターネットへの接続自体ができない可能性があります。
SMTPサーバの設定を修正してください。

【6】「送信メールのセキュリティ」画面が表示されます。何もチェックしない状態で「続ける」をクリックします。

参考画像

■SSL(SecureSocketsLayer)を使用:チェックを入れない。

【7】「アカウントの概要」画面が表示されます。設定の内容を確認してください。「作成」をクリックします。

参考画像

以上で設定は完了です。続いて設定の確認と詳細設定を行います。

電子メールアカウントの設定確認

【1】メニューバーの「Mail」から「環境設定...」を選択します。

参考画像

【2】「アカウント」の画面が表示されます。画面上の「アカウント」を選択します。
先ほど設定したアカウント(ここでは「********@###.bai.ne.jp」)が追加されています。
「アカウント情報」タブで以下のように設定してください。既に設定済みの場合は、設定値が正しいか確認してください。
確認が終わりましたら、「詳細」タブをクリックします。

当社以外の外部回線から送信する場合、送信メールサーバの設定を変更する必要があります。
外部回線から当社サーバを使用してメール送信する場合には、送信メールサーバ(SMTP)から「サーバリストを編集」を選択してください。
※当社以外の回線からメール送信を行わない場合、設定は不要です。 【3】へお進みください。

参考画像

アカウントの種類 POP
説明 任意で入力します。例ではメールアドレスを入力しています。
メールアドレス 【登録完了のお知らせ(別紙)】のメールアドレス
※アカウントの別名を取得されている場合は、そちらを入力してください。
氏名 名前をローマ字で入力します。
受信用メールサーバ 【登録完了のお知らせ(別紙)】の「POP3サーバ」
ユーザ名 【登録完了のお知らせ(別紙)】の「メールアカウント」
※別名をご利用の場合も【登録完了のお知らせ(別紙)】の「メールアカウント」を入力してください。
パスワード 【登録完了のお知らせ(別紙)】の「メールパスワード」
送信用メールサーバ 初期設定の【5】で設定した名前が表示されています。

【外部回線から当社のメールサーバを使用してメールを送信する場合】

外部回線から当社のメールサーバを使用してメールを送信する場合には、以下のように設定を行ってください。
設定が完了したら「OK」をクリックし、元の画面に戻ってください。

(1)送信メールサーバ(SMTP)を選択し、「サーバリストを編集」をクリックします。

(2)開いた画面で、「詳細」タブを選択し、以下の画面を開きます。

参考画像

(3)認証で「パスワード」を選択し、開いた画面を以下のように設定します。

参考画像

■サーバのポート:587
■ユーザ名:「メールアカウント」を入力します。
■パスワード:「メールパスワード」を入力します。

赤字の部分はお客様によって設定内容が異なるところです。設定の際には必ず【登録完了のお知らせ(別紙)】をご参照ください。

【3】「詳細」タブでは以下のように設定します。

参考画像

このアカウントを使用 チェックを入れる
新規メールを自動的に受信する時に含める チェックを入れる
メッセージ受信後にメッセージのコピーをサーバから取り除く すぐに取り除く。(※推奨)

※当社のメールボックスの容量は100Mまでとなっております。チェックをしない設定にされますと、メールボックスにメールが残るため、容量が100Mを超える可能性があります。メールボックスの容量が100Mになりますと、新着メールが届かなくなりますのでご注意ください。

設定が終わりましたら、画面左上の 参考画像 をクリックして、設定を保存してください。
以上で、設定は完了です。

↑ページの先頭へ