オンラインマニュアル

メールソフト・WEBメール設定

【初期設定】Outlook Express 5/6

お客様のご加入時にお渡ししております、【登録完了のお知らせ(別紙)】をご準備ください。
【登録完了のお知らせ(別紙)】を紛失したお客様は、「基本メールアドレス 登録書再発行受付」より再発行の手続きを行ってください。

電子メールアカウントの新規作成

【1】「Outlook Express」をダブルクリックします。

参考画像

【2】Outlook Expressの「ツール」メニューより「アカウント」を選択します。
「インターネット アカウント」ダイアログの「メール」タブで、右の「追加」ボタンをクリックし、「メール」を選択します。

参考画像

メールアカウント作成のウィザードが始まります。
※インターネット接続ウィザードで「インターネット メール アカウントの設定」を既に行っている場合は、「電子メールアカウントの設定確認」へ進んでください。

【3】「名前」のダイアログでは、以下のように設定します。

参考画像

■表示名:「お客様の名前」をローマ字入力してください。
設定しましたら、「次へ」をクリックします。

【4】「インターネット電子メール アドレス」のダイアログでは、以下のように設定します。

参考画像

■既存の電子メール アドレスを使用する:チェックを入れる。
■電子メールアドレス:「メールアカウント@####.bai.ne.jp」を入力してください。
赤字の部分はお客様によって設定内容が異なるところです。設定の際には必ず【登録完了のお知らせ(別紙)】をご参照ください。
別名メールアドレスまたはえらべ~るアドレスを取得している場合は、別名メールアドレスまたはえらべ~るアドレスを入力します。
設定しましたら「次へ」をクリックします。

【5】「電子メール サーバー名」のダイアログでは、以下のように設定します。

参考画像

■受信メール サーバーの種類:「POP3」を選択してください。
■受信メールサーバー:「******.bai.ne.jp」を入力してください。
■送信メールサーバー:「******.bai.ne.jp」を入力してください。
赤字の部分はお客様によって設定内容が異なるところです。設定の際には必ず【登録完了のお知らせ(別紙)】をご参照ください。
設定しましたら「次へ」をクリックします。

【6】「インターネット メール ログオン」のダイアログでは、以下のように設定します。

参考画像

■アカウント名:「メールアカウント」を入力してください。
※別名をご利用の場合も、必ず、【登録完了のお知らせ(別紙)】の「メールアカウント」をご入力ください。
■パスワード:「メールパスワード」を入力してください。
設定しましたら「次へ」をクリックします。

【7】「設定完了」のダイアログが表示されます。

参考画像

「完了」ボタンをクリックして、電子メールアカウントの作成を終了します。

電子メールアカウントの設定確認

既に設定した値を変更する場合も以下の手順となります。

【1】Outlook Expressのメニューの「ツール」より「アカウント」を選択します。
表示された「インターネット アカウント」ダイアログの「メール」タブをクリックします。

参考画像

【2】設定を確認したいアカウントを選択し、「プロパティ」ボタンをクリックします。
「全般」タブが、以下のように設定されているか確認します。

参考画像

■メール アカウント: 「電子メールアドレス」などわかりやすい名前を入力してください。
■名前:「お客様の名前」をローマ字入力してください。
■会社名:個人で使用する場合は空白のままとします。
■電子メール アドレス:「メールアカウント@####.bai.ne.jp」を入力してください。
赤字の部分はお客様によって設定内容が異なるところです。設定の際には必ず【登録完了のお知らせ(別紙)】をご参照ください。
別名メールアドレスまたはえらべ~るアドレスを取得している場合は、別名メールアドレスまたはえらべ~るアドレスを入力します。
■返信アドレス: 通常は空白のままにします。

【3】「サーバー」タブをクリックし、以下のように設定されているか確認します。

参考画像

■受信メール サーバー:「******.bai.ne.jp」を入力してください。
■送信メール サーバー:「******.bai.ne.jp」を入力してください。
赤字の部分はお客様によって設定内容が異なるところです。設定の際には必ず【登録完了のお知らせ(別紙)】をご参照ください。
■アカウント名:「メールアカウント」を入力してください。
※別名をご利用の場合も、必ず、【登録完了のお知らせ(別紙)】の「メールアカウント」をご入力ください。
■パスワード:「メールパスワード」を入力してください。

【4】「接続」タブをクリックし、以下のように設定されているか確認します。

参考画像

■このアカウントには次の接続を利用する:チェックを入れる。
■「ローカル エリア ネットワーク(LAN)」 を選択してください。

【5】「詳細設定」タブをクリックし、以下のように設定されているか確認します。

参考画像

■サーバーにメッセージのコピーを置く:チェックを入れない(※推奨)
※当社のメールボックスの容量は100Mまでとなっております。「サーバーにメッセージのコピーを置く」設定にされますと、メールボックスにメールが残るため、容量が100Mを超える可能性があります。メールボックスの容量が100Mになりますと、新着メールが届かなくなりますのでご注意ください。
※複数のパソコンでメールを確認したい場合には、ダイアログボックスの「サーバーから削除する」にチェックを入れてから、メールを残しておく日数を指定してください。
設定を確認しましたら、「OK」ボタンをクリックして設定を保存します。
「インターネットアカウント」ダイアログも「閉じる」ボタンをクリックして、メニューを閉じます。

オプションの設定

【1】Outlook Expressの「ツール」メニューより「オプション」を選択します。
「全般」タブをクリックし、以下のように設定されているか確認します。
画面はOutlook Express 5ですが、設定内容はOutlook Express 6でも同じです。

参考画像

お好みに合わせて設定してください。

【2】「送信」タブをクリックして、以下のように設定します。

参考画像

■メール送信の形式:テキスト形式
※HTML形式で送信したい場合はそのままでも結構です。他の項目はお好みに合わせて設定してください。

【3】「文字設定の割り当て」ボタンをクリックします。
「送信メッセージの文字設定」ダイアログを、以下のように設定します。
Outlook Express 6の場合は「エンコードの設定」ボタンをクリックします。

参考画像

■標準のエンコード:日本語(JIS)
■メッセージの返信に英語のヘッダーを使用する: 通常チェックします。

【4】「メール送信の形式」の「テキスト形式の設定」ボタンをクリックします。
「テキスト形式の設定」ダイアログを、以下のように設定します。

参考画像

■メッセージ形式:MIME
■エンドコード方法:「なし」を選択してください。
■8ビットの文字をヘッダーに使用する :チェックを入れない。
■返信や転送をする場合、元のテキストをインデントする:通常チェックします。
設定を確認しましたら「OK」ボタンをクリックします。

以上で基本的な設定は終了です。一度Outlook Expressを終了し、再起動してください。

↑ページの先頭へ