オンラインマニュアル

メールソフト・WEBメール設定

【初期設定】Windows Live メール 2011(POP)

お客様のご加入時にお渡ししております、【登録完了のお知らせ(別紙)】をご準備ください。
【登録完了のお知らせ(別紙)】を紛失したお客様は、「基本メールアドレス 登録書再発行受付」より再発行の手続きを行ってください。
『Windows Live メール』はマイクロソフト社からダウンロードできます。 マイクロソフト社WEBサイト

電子メールアカウントの新規作成

【1】「スタート」→「全てのプログラム」より、「Windows Live メール」を開きます。

参考画像

【2】Windows Live メールの「アカウント」をクリックし、新規作成の「電子メール」を選択してください。

参考画像

【3】「自分の電子メール アカウントを追加する」のダイアログでは以下のように設定します。

参考画像

電子メールアドレス 【登録完了のお知らせ(別紙)】の「メールアドレス」
パスワード 【登録完了のお知らせ(別紙)】の「メールパスワード」
表示名 「お客様の名前」をローマ字入力
手動でサーバー設定を構成する(C) チェックを入れる。

赤字の部分はお客様によって設定が異なるところです。
入力が完了しましたら、「次へ」をクリックします。

【4】サーバー名入力のダイアログでは以下のように設定します。

参考画像

受信サーバ情報

サーバーのアドレス 【登録完了のお知らせ(別紙)】の「受信メールサーバ」
ポート 995
セキュリティで保護された接続(SSL)が必要 チェック
認証が必要 チェック

送信サーバ情報

サーバーのアドレス 【登録完了のお知らせ(別紙)】の「送信メールサーバ」
ポート 465
セキュリティで保護された接続(SSL)が必要 チェック
ログオン ユーザー名 【登録完了のお知らせ(別紙)】の「メールアカウント」
※別名をご利用の場合も【登録完了のおしらせ(別紙)】の「メールアカウント」を入力してください。

赤字の部分はお客様によって設定が異なるところです。
入力が完了しましたら、「次へ」をクリックします。

【5】「電子メール アカウントが追加されました」と表示されます。

参考画像

■「完了」ボタンをクリックして、電子メールアカウントの作成を終了します。

電子メールアカウントの設定確認

既に設定した値を変更する場合も以下の手順となります。

【1】Windows Live メール 2011「アカウント」より該当アカウントを選択し、プロパティをクリックしてください。

参考画像

【2】「全般」タブで以下のように設定されているか確認してください。

参考画像

メールアカウント お好きなメールボックス名を入力してください。
名前 お客様のお名前をローマ字で入力してください。
会社 個人でご利用の場合は空白にします。
電子メールアドレス 【登録完了のお知らせ(別紙)】の「メールアドレス」
別名メールアドレスを取得している場合は、別名メールアドレスを入力します。
返信アドレス 通常は空白にします。

赤字の部分はお客様によって設定が異なるところです。

【3】「サーバー」タブをクリックし、以下のように設定されているか確認してください。

参考画像

受信メールサーバーの種類 POP3が入力されているか確認してください。
受信メール(POP3) 【登録完了のお知らせ(別紙)】の「受信メールサーバ」
送信メール(SMTP) 【登録完了のお知らせ(別紙)】の「送信メールサーバ」
ユーザー名 【登録完了のお知らせ(別紙)】の「メールアカウント」
※別名をご利用の場合も【登録完了のお知らせ(別紙)】の「メールアカウント」を入力してください。
パスワード 【登録完了のお知らせ(別紙)】の「メールパスワード」
このサーバーは認証が必要 チェック

赤字の部分はお客様によって設定が異なるところです。

【4】「詳細設定」タブをクリックし、以下のように設定されているか確認してください。

参考画像

■サーバーにメッセージのコピーを置く:お好みで設定してください。

弊社のメールボックスは容量上限2GB、保存期間90日です。
スマートフォンやタブレットと併用(IMAPと併用)して利用する場合は、チェックして頂く事をお奨めします。

オプションの設定

【1】左上メニューより「オプション」を選択し「メール」をクリックしてください。

参考画像

【2】「オプション」ダイアログが開きますので、「全般」タブをクリックします。

参考画像

お好みに合わせて設定してください。

【3】「送信」タブをクリックし、以下のように設定されているか確認します。

参考画像

■「エンコードの設定」をクリックしますと「送信メッセージのエンコード設定」画面が開きますので、以下のように設定します。

参考画像

■既定のエンコード:日本語(JIS)
「OK」ボタンをクリックしますと「送信メッセージのエンコード設定」画面が閉じます。

■メール送信の形式:テキスト形式にチェックを入れてください。
■「テキスト形式の設定」をクリックしますと「テキスト形式の設定」画面が開きますので、以下のように設定します。

参考画像

■メッセージ形式:MIME
■エンコード方法:なし
■8ビットの文字をヘッダーに使用する:チェックを入れない。

設定を確認し、OKボタンをクリックします。

セキュリティオプションの設定

【1】左上メニューより「オプション」を選択し「セキュリティのオプション」をクリックしてください。

参考画像

【2】「オプション」タブをクリックします。

参考画像

■低:迷惑メールであることが明らかなメールを[迷惑メール]フォルダーに振り分けます:チェックを入れる(※推奨)

【3】「差出人セーフ リスト」タブを開きます。

参考画像

■迷惑メールとして処理したくないアドレスやドメインを入力できます。お好みで設定してください。
※ここに入力したアドレスやドメインは迷惑メールとして処理されません。

【4】「受信拒否リスト」タブを開きます。

参考画像

■迷惑メールとして処理したいアドレスやドメインを入力できます。お好みで設定してください。
※ここに入力したアドレスやドメインは迷惑メールとして強制的に処理されます。

【5】「インターナショナル」タブを開きます。

参考画像

■外国からの電子メールアドレスや、利用しない言語(エンコード)が使用されているメールを、強制的に迷惑メールとして処理することができます。お好みで設定してください。

【6】「フィッシング」タブを開き以下のように設定します。

参考画像

■フィッシングの可能性があるメールから受信トレイを保護する:チェックを入れる(※推奨)
■フィッシング詐欺メールを[迷惑メール]フォルダーに移動する:チェックを入れる(※推奨)

【7】「セキュリティ」タブをクリックします。

参考画像

お好みに合わせて設定してください。

以上で基本的な設定は終了です。一度Windows Live メールを終了し、再起動してください。

↑ページの先頭へ