HOMEベイコムからのお知らせ > ベイコムからのお知らせ(詳細)

ベイコムからのお知らせ

メニュー

TV荒天による降雨減衰時のテレビ受信・通信障害について

2016/08/03

降雨減衰とは、雨や雨雲の影響により放送電波・通信電波が減衰して(微弱になって)しまう現象のことを言います。

ベイコムで放送されているBS放送と一部のCS放送は、放送衛星(BS)・通信衛星(CS)を経由してベイコムの大型パラボラアンテナで受信し、皆様のご家庭へお届けしています。
このため発信地(主に東京)および受信地(尼崎市)どちらかが荒天(雷雨や集中豪雨、台風、降雪など)の場合、映像や音声に乱れを生じることがあります。(通常の雨ではほとんど影響はありません)

上述のとおり大きなアンテナを設置し、降雨減衰の影響を最小限に留めるよう努めておりますが、
それでも集中豪雨などの場合は画質不良の発生は否めません。

天候が回復すれば自然に復旧しますので、お客様宅の機器故障ではありません。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解下さいますようお願い申し上げます。







障害情報はこちらからご確認ください。


【ご注意点】BS放送は映っているのに、CS放送のみ降雨減衰の影響を受ける場合があります。
CS放送は、BS放送よりも衛星から発信される電波が少し弱いため、降雨減衰の影響を受けやすくなっています。

↑ページの先頭へ