HOME > プレスリリース > プレスリリース(詳細)

プレスリリース

メニュー

ベイ・コミュニケーションズ、KDDIが提供する地域WiMAX(ワイマックス)ソリューションを採用

平成22年3月5日


報道関係各位


株式会社ベイ・コミュニケーションズ

KDDI株式会社


ベイ・コミュニケーションズ、KDDIが提供する

地域WiMAX(ワイマックス)ソリューションを採用


 阪急阪神ホールディングスグループの株式会社ベイ・コミュニケーションズ(本社:大阪市 福島区、代表取締役社長:佐野 正、以下「Baycom」)は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼会長:小野寺 正、以下「KDDI」)が提供する地域WiMAXトータルソリューション(注1)を利用して、Baycom事業エリア内に順次、地域WiMAX無線局を構築し、地域WiMAXサービスを開始します。なお、本サービスは近畿圏で初の導入となります。

 Baycomは、今後、2010年秋以降の正式なサービス開始に向けて、WiMAX無線局の免許申請および設置、フィールド試験などを通じて、手軽にインターネットが利用できる常時接続のブロードバンドサービスの開始に向けた準備を行います。

 Baycomが提供する地域WiMAXサービスは、KDDIのコアセンター設備(注2)を利用することにより、同センター設備を利用する全国各地の地域WiMAX事業者のネットワークとローミング(注3)が可能です。

 Baycomは、今後も多様化するお客さまのニーズにお応えできるよう、様々なサービスの提供に努めます。また、KDDIは、サービス提供事業者が、より良いサービスを提供できるプラットフォームを開発、展開していきます。


(注1)地域WiMAX事業者が構築する無線局インフラの導入コンサル、施工・設計、コアセンター設備の提供等を行うサービスです。

(注2)KDDIが構築した端末認証サーバ、インターネット接続ルータなどの設備の総称で、これらの設備を利用することにより、無線基地局のみの構築でサービス提供が可能となり、設備投資コストが抑えられます。

(注3)加入者が契約している事業者とは異なる事業者のエリアで、サービスを利用することです。


※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


以 上

↑ページの先頭へ