HOME > 健康経営

企業情報

メニュー

健康経営

当社は、「健康経営」という視点から、従業員やその家族の健康に対する認識を明確にすることにより、一人ひとりの健康意識の向上と働きやすい職場の実現を推進するために、「健康宣言」を制定しています。

健康宣言

「Baycom 健康宣言」

 ベイ・コミュニケーションズでは、従業員やその家族の心身の「健康」が、幸せの源泉であるとともに、グループの豊かな未来の礎であると考えています。また、お客様に「安心・快適」、そして「夢・感動」をお届けするためには、みんなが健康で多様な個性や能力を最大限に発揮することが何よりも大切です。
 これを実現するために、私たちは自らの健康に高い意識を持ち、職場の仲間や家族とともに健康づくりに取り組みます。
 ベイ・コミュニケーションズは、阪急阪神ホールディングスグループの「阪急阪神Wellnessチャレンジ」をスローガンに、一人ひとりの健康づくりを積極的に支援するとともに、生き活きと働くことができる職場環境づくりに努めることを宣言します。

2019年8月
株式会社ベイ・コミュニケーションズ
代表取締役社長 健康経営推進責任者
樽谷 篤明

健康経営の推進体制

代表取締役社長を最高責任者として、常勤役員および各部長、産業医、総務人事部門担当者等により構成する「健康経営推進委員会」を設置し、具体的な施策を検討・立案しています。当該施策の実施にあたっては、適宜、健康保険組合と連携し、経営会議等を通じて全社に展開します。

「阪急阪神Wellnessチャレンジ」の重点施策方針

1.カラダの健康 2.ココロの健康 3.職場の健康 1.カラダの健康 2.ココロの健康 3.職場の健康

↑ページの先頭へ