オンラインマニュアル

モデムに関する設定

ルーター機能付きケーブルモデムのポート開放

※通常のインターネット接続やメール送受信のみ使用される方は、ポート解放の必要はありません。
※以下に記載以外のケーブルモデムではポート制限をしておりませんので、お客様宅内の他機器(ルーター等)で設定をご確認ください。

オンラインゲーム等利用されるお客様で、各ソフトメーカーからポート開放するよう指示された場合は、
以下を参考にポート開放設定を行ってください。(開放したいポート番号を事前にご確認ください)

BFW200-Lのポート開放設定について

【1】ブラウザを起動し、「http://192.168.0.254/」を入力し、エンターキーを押します。

【2】ログイン画面が出ますので、以下を入力し、「OK」をクリックします。
・ユーザー名:user
・パスワード:password


※上記は初期値になります。

【3】管理→システム情報 をクリックすると、以下画面になりますので、「DNS(プライマリ/セカンダリ)」の数字部分を2つともメモしてください。
※端末(PC等)の設定時に固定DNSサーバー欄に入力します。

参考画像

【4】ファイアウォール→ポートフォワーディングをクリックします。

参考画像

【5】以下のように設定し、「適用」をクリックします。
・有効/無効:有効にします。
・IPアドレス:「192.168.0.2~192.168.0.9」で任意に入力します。
・ポート範囲:ポート開放したいポート番号を入力します。※


※開放したいポート番号については、各ソフトメーカー様にご確認ください。
※開放したいポート番号が複数ある場合は、この作業を繰り返します。

参考画像

【6】以上でルーター側の設定は完了です。

【7】次にポート開放にてインターネット接続したい端末側(PC等)でIPアドレスを固定に設定します。
・IPアドレス:192.168.0.2~9の範囲で、上記【5】で設定した数値
・サブネットマスク:255.255.255.0
・デフォルトゲートウェイ:192.168.0.254
・プライマリDNSサーバー:※上記【3】でメモした上段数値
・セカンダリDNSサーバー:※上記【3】でメモした下段数値

※通常のルーター設定のように「192.168.0.1」では正常にインターネット接続できません。

各OS事の設定方法は以下をご確認ください。
Windows10
Windows8
Windows7

【8】インターネット接続をご確認ください。

↑ページの先頭へ