オンラインマニュアル

セキュリティに関する設定

詐欺ウォール / Internet SagiWall 専用プログラムのインストール(Mac版)

インストールする前に

  • 1. お申込み完了画面に表示、または受付完了メールに記載されている「ライセンス番号」をご用意ください。
    本サービスのご利用にはお申込みが必要です。詳しくは 詐欺ウォール / Internet SagiWallのページをご覧ください。
  • 2. パソコンへは管理者アカウントでログインしてください。
    管理者アカウントでない場合、インストールの途中で管理者アカウントのユーザー名とパスワードを入力する必要があります。

専用ソフトのインストール手順

【1】受付完了メールから、ダウンロードページのURLをクリックし、「Mac用」のインストールパッケージをダウンロードします。ダウンロードしたファイル(.pkg)をダブルクリックし、実行してください。

参考画像

【2】「このパッケージは、ソフトウェアをインストールできるかどうかを判断するプログラムを実行します。」のメッセージ画面が表示されますので、「続ける」をクリックします。

参考画像

【3】インストーラが起動しますので、「続ける」をクリックします。

参考画像

【4】使用許諾契約の画面が表示されますので、内容をご確認いただき、「続ける」をクリックします。

参考画像

【5】使用許諾契約の同意確認画面が表示されますので、「同意する」をクリックします。

参考画像

【6】「インストール」をクリックします。

参考画像

【7】お使いのMacに設定しているユーザ名(管理者権限)とパスワードを入力し、「ソフトウェアをインストール」を クリックするとインストールが開始されます。

参考画像

【8】インストールが完了すると、ライセンス入力の画面が表示されます。オプション申込の際のお申込み完了画面もしくは受付完了メールに記載されている「ライセンス番号」を入力し、「OK」をクリックします。

参考画像

【9】ライセンス番号の入力が完了すると、Macのメニューバーに詐欺ウォールのアイコン(緑の信号機)が設置されます。
画面の「続ける」をクリックし、各ブラウザの設定へと進みます。

参考画像

【10】Safariの拡張機能が有効になっているかを確認するため、「はい」をクリックします。

参考画像

【11】Safariで拡張機能設定の手順ページが開きます。Safariの拡張機能はアプリケーションのインストールの際に自動で設定されますので、お客様で行っていただく設定作業はありません。アドレスバーの横にチェックマークアイコンが表示されたら、Safariの拡張機能設定は完了です。アイコンが確認できなかった場合には、こちら よりご確認ください。

参考画像

【12】Google Chromeをインストールされている場合は、続いてGoogle Chromeの拡張機能設定をします。「はい」をクリックします。
※Google Chromeがインストールされていない場合は、この画面は表示されません。【11】まででインストール作業は完了です。

参考画像

【13】Google ChromeでChromeウェブストアが開きましたら、「Chromeに追加」をクリックします。

参考画像

【14】「拡張機能を追加」をクリックします。

参考画像

【15】アドレスバー横のメニューに詐欺ウォールの信号機のアイコンが表示されましたら、Google Chromeの拡張機能追加は完了です。以上で、詐欺ウォールのインストール作業は完了となります。

参考画像

↑ページの先頭へ