無線LANの危険性

セキュリティを設定していない無線LANは、「鍵のないドア」と同じです。データを暗号化しないで無線LANを利用すれば、平文のまま無線LANに流れてしまい、すべての通信内容をのぞくことができます。

1. 盗聴

無線LAN通信は電波でデータをやりとりするためデータを傍受される危険があります。

2. なりすまし

パソコンから他人のアクセスポイントを経由し、その人になりすましてインターネットに接続される危険があります。

3. 不正アクセス

無線LANアクセスポイントに、他人のパソコンからアクセスすることができます。その結果自分のパソコンにアクセスされる危険があります。

このような危険を回避するために、セキュリティの設定を行ってください。

関連ページ

↑ページの先頭へ