スピードアップ講座

スピード測定

まずは速度測定をしてみよう!

スピードテスト

※スピードが満足に得られなかったお客様は以下をご確認ください。

常駐ソフトが原因の場合

ウイルス対策ソフトやファイアウォールを利用されていませんか?
ウイルス対策ソフトやファイアウォールソフトでは、常にネットワークを監視しているため、速度が遅くなる場合があります。また、これらのファイアウォール機能を使用しており、かつWindowsのファイアウォール機能を有効にした場合、速度が低下する可能性があります。
また、ネットワーク系の常駐ソフトウェアでなくても、パソコンのリソースを消費することで処理速度を低下させてしまうことがあります。

対処方法

  • ・たくさんのアプリケーションや常駐ソフトを立ち上げている場合は、必要のないアプリケーションや常駐ソフトを停止させ、速度を測定してみてください。
  • ・ウイルスバスターを利用されている場合はTrend Microホームページをご確認ください。
    Trend Microホームページ
  • ・ノートンインターネットセキュリティを利用されている場合はSymantecホームページをご確認ください。
    Symantecホームページ
  • ・マカフィーインターネットセキュリティを利用されている場合はMcAfeeホームページをご確認ください。
    McAfeeホームページ
  • ・可能であれば、ウイルス対策ソフトを一旦停止し、速度測定を行ってください。
  • ※ウイルス対策ソフトやファイアウォールが原因の場合は当社で十分なサポートをすることができません。ご利用のソフトのメーカー様に直接ご連絡ください。

ルータや無線LANが原因の場合

ルータや無線LANなどのネットワーク機器を利用されていますか?
(当社がお渡ししているケーブルモデムと、お客様のパソコンの間に、何か機器が設置されていれば、お客様はネットワーク機器をご利用されています。)
ネットワーク機器を利用することで、速度を低下させてしまう場合があります。

その1.ご利用の機器は、最新状態でご利用されていますか?

無線LANやルータの各メーカーでは、製品で不具合が生じた場合に、ファームウェアのアップデートを行うことにより不具合の修正を行っています。また、パソコンは最新だが接続しているルータが旧機種で、性能が低いケースがあります。ご利用のルータの性能を確認してください。

対処方法

各製品のファームウェアを確認し、最新状態でない場合はアップデートを行うことで改善される場合があります。
アップデートにつきましては、お客様の任意で行ってください。

※ファームウェアについて当社では詳しくサポートすることができませんので、該当のメーカー様に直接ご連絡ください。

参考サイト

その2.ルータとパソコンのポート設定はあっていますか?

パソコン側のLANアダプタの設定とルータのLAN側のポート設定で、固定と自動検出が混在している場合に、速度が低下する可能性があります。

対処方法

パソコン側のLANアダプタの設定を確認してください。 「スタート」-「コントロール パネル」-「ネットワーク接続」を開き、ご利用のローカルエリア接続を選択してください。「全般」タブよりご利用のLANアダプタの「詳細」でリンク速度の設定を確認してください。自動検出となっている場合、ルータ側も同様の設定にしてください。双方とも固定でもかまいません。設定が異なっている場合、速度低下の要因になる可能性があります。
設定確認の詳細については、ご利用の機器メーカーにお問い合わせください。

その3.複数台のパソコンのいずれかが大きなデータ転送をしていませんか?

複数台のパソコンを使用している場合、いずれかのパソコンの動作に影響して速度低下が発生する可能性があります。

対処方法

速度測定の際には、可能であれば、ケーブルモデムとパソコンを直接繋いで速度の測定を行ってください。

その4.無線LANの電波状態は良好ですか?

・無線LANアクセスポイントとパソコンの間に電波を通しにくい遮断物がある。
・無線LANアクセスポイントとパソコンが離れている。

このような場合は速度が低下する可能性があります。

対処方法

無線LANの近くで遮蔽物のない状態で利用してください。
また、可能であればケーブルモデムとパソコンを直接繋いで速度測定を行ってください。

↑ページの先頭へ