オンラインマニュアル

セキュリティに関する設定

アクションセンターの設定(Windows 7)

ファイアウォールの設定

【1】「スタートメニュー」より、「コントロール パネル」を選択します。

参考画像

【2】「コントロール パネル」が表示されますので「システムとセキュリティ」をクリックします。

参考画像

【3】「システムとセキュリティ」が表示されますので「Windows ファイアウォール」をクリックします。

参考画像

【4】「Windows ファイアウォール」画面が表示されます。

参考画像

左側にあるメニューから「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」をクリックしてください。

【5】「設定のカスタマイズ」画面が表示されますので以下のように設定してください。

参考画像

■「Windows ファイアウォールを有効にする」:チェックを入れる。
「OK」をクリックしてください。

【6】確認画面が表示されます。

参考画像

以上でWindowsファイアウォールの設定は完了です。

アクションセンターについて

【1】「スタートメニュー」より、「コントロール パネル」を選択します。

参考画像

【2】「コントロール パネル」が表示されますので「コンピューターの状態を確認」をクリックします。

参考画像

【3】「アクション センター」画面が表示されます。

こちらでは、ファイアウォール・自動更新・スパイウエアと不要なソフトへの対策・インターネットセキュリティ設定・ユーザアカウント制御・ネットワークアクセス保護の状態を一目で確認できます。
すべての項目で、「有効」または「OK」という文字が表示されていればWindowsは保護されている状態です。

【Windowsが保護されている状態】

参考画像


【Windowsが保護されていない状態】

参考画像

※Windowsが保護されていない状態の場合、画面上部に警告と設定変更を促す画面が表示されます。
保護されている状態にするには、それぞれの設定を有効にしてください。

Windows Update自動更新(Windows 7)

↑ページの先頭へ